江戸時代の不用品回収

地球温暖化問題や資源を大切にしようという意識から、近年リサイクルという言葉を頻繁に聞くようになりましたね。リサイクルに関する法律も整備され、家電や粗大ごみをごみとして捨てるのではなく、不用品回収などに出したことのある人も、少なくないのではないでしょうか。こういった、いらなくなったもの、使わなくなったもの、あるいは使えなくなったものを不用品として業者に回収してもらうというシステムは、実は江戸時代から日本に存在していたのです。
回収される不用品の主なものは、当時は紙でした。不要になった帳簿や古い紙を『紙くず買い』と呼ばれていた業者が買い取って、古紙のリサイクルを行うのです。現代で言う、ちり紙交換のようなものですね。当時の紙はみんな和紙ですから、現代の紙と違って長い繊維が使われており、そのうえ余計な添加物も含まれていませんでした。なので何度でもすき直して紙の状態に戻すことができたのです。回収された古紙は質や種類などで分けられ、さまざまな紙へと再生されていました。中には町中を歩き回って紙くずを拾い集め、それを業者に買い取ってもらって生活をしていた人もいたようですよ。
iooiy
他にも現代と同じように、古布や古着も不用品回収の対象でした。回収された古着は、現代で言う古着屋のような場所で商品として売られます。着物のまま販売されたることもありましたが、多くは糸を抜いて反物の状態で店頭に並べられました。着物は基本的に同一の規格で作られていましたから、リサイクルにはうってつけの構造をしていたのです。
現代ではあまり見られない不用品回収としては、湯屋の燃料にするための木材の回収、古くなって壊れた傘の回収、肥料にするための灰や汚物のような排せつ物の回収などもありました。どんなものでも最後の最後まで使い切る、という当時の徹底したリサイクル精神は、現代人も見習うべきところが多々あるのではないでしょうか。ものがあふれる今だからこそ、不用品をごみとせず、次の役割へとつなげていきたいですね。

関連する記事