その不用品回収、大丈夫?

『不用品回収いたします』『不用品を無料でお引き取り!』こんな広告の文句を聞いたことはありませんか。不用品回収業者というと、いらなくなったものを回収して処分してくれる業者のことだと思うでしょう。もちろん実際にはそうですし、そうあるべきです。ですが昨今、この不用品回収を巡って全国各地でトラブルや問題が起こっているのをご存じでしょうか。
主なトラブルの原因は金銭です。無料回収や、そう受け取れる宣伝をしながら、いざ回収を頼むと高額な料金を支払うよう求められるというケースが多く、中には長時間渋って居座られたり、高圧的な態度で支払いを請求されたりすることもあります。また高額でないにせよ料金を支払って回収してもらったのに、その回収してもらったはずの不用品が近所に不法投棄されていた、などというトラブルも存在します。そういった本来の業務をまっとうしない不用品回収業者にうっかり不用品を引き渡してしまうと、個人の損失のみならず近隣住民や環境へ悪影響を及ぼす可能性もあるのです。
では不用品回収業者とは一体、どういう人たちのことを言うのでしょうか。不用品回収の実態は各自治体によっても違いますが、基本的に不用品を回収することができるのは行政から『一般廃棄物収集運搬業』の許可を申請し、受理された業者だけです。許可は決して簡単なものではありません。申請書だけでなく事業の計画書や運搬に使う車両の写真や書類、相応の技術や知識があることを示す証明書や住民票の他、誓約書など多数の書類や手続きを要します。逆に言えば、ここまできちんとした手順を踏んだ業者でなければ、正式に認められた業者ではないということです。すべての自治体がそうというわけではありませんが、中には『一般廃棄物収集運搬業』の許可がおりている業者の名前をインターネット上で公開している自治体もあります。実際に不用品回収を依頼する前に、そこが適正な許可を得た業者であるかどうか調べてみて、無用なトラブルを回避しましょう。

関連する記事